NINA'S > NINA'Sとは

NINA'S PARIS ベルサイユ宮殿愛用のフレグランスを使ったパリの紅茶「NINA'S」

NINA'Sとは

ニナスは、パリの中心地であるヴァンドーム広場のすぐ隣に本店を構える、フランスの紅茶ブランドです。

ヴェルサイユ王立菜園「le Potager du Roi」唯一の契約企業であり、ベルサイユ宮殿の貴族やマリー・アントワネットにも愛されたフレグランスを使った、ユニークなフレーバーティーを提供しています。

天然のアロマや花びら、フルーツピースなどを、経験豊富なティーブレンダーが丹念に香りづけした茶葉は、豊かで深みがあり、フランスの高級レストランや一流ホテルのラウンジなどでも愛用されています。

NINA’Sのはじまり

ニナスの前身は1672年に創業された、エッセンシャルオイルの会社”ラ・ディスティルリー・フレール”です。フランス初のラベンダーエッセンシャルオイルを抽出した会社であり、そのフレグランスを創造する技術でフランス中に知られるようになりました。

創始者のピエール・ディアズは「アロマのマジシャン」としても有名で、間もなくフランス王ルイ14世やヴェルサイユの宮廷にフレグランスを調達するようになり、特にラベンダーやバラのフレグランスは、マリーアントワネットのお気に入りとなりました。これらのフレグランス作りのノウハウは時をかけ受け継がれ、今ではニナス紅茶のフレーバーとして使われています。

ニナスの名は、ニナ・ディアズという女性の名にちなんで付けられました。彼女は1778年にマリー・アントワネットのために作られ献上されたケーキ「ニナセット」のレシピの開発者で、このアンティークレシピはディアズ家の女性たちに代々受け継がれていきました。

ベルサイユ宮殿「王の菜園(le Potager du Roi)」

「ル・ポタジェ・ド・ロワ(王の菜園)」は、ルイ14世の命のもと宮殿のそばに造られた菜園です。この広大な菜園は、王の食事のための野菜や果物の供給の場としてその名を広め、後に王妃マリー・アントワネットのお気に入りの場所となりました。 ニナスは、ヴェルサイユ「王の菜園」唯一の契約企業として、王の菜園の希少な果実を使用した飲料や食品を広く皆様にご提供いたします。

キャラバンコーヒー ウェブ通販ショップでは、ニナスの 300種類以上のフレーバーから抽出した、ナチュラルなエッセンシャルオイルで香りづけられた約 50種類のブレンド、さらにその中から厳選した多くのオリジナルブレンド・フレーバーティーを取り揃えております。

ページトップへ